Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年8月~11月の写真

2010年8月から10月の写真をFlickrにアップ。

http://www.flickr.com/photos/mi_ai164/sets/72157625562080613/

大きいメルちゃんと惣吉と僕。

11月からちびちび作業をしてやっとできた。
妻がもっぱら使っているiMacで写真を管理していることと、惣吉が起きている間は個人的な作業をさせてもらえない、というのが主たる原因を考えている。

10月29日に妻が女児を出産し、「志埜(しの)」とネーミングしてかわいがっているわけだが、4人での生活が始まって以来、仕事から帰ってきて食事、志埜ちゃんを抱きながら惣吉の相手、21時くらいから妻と惣吉、もしくは妻だけが風呂に入り、そのあと僕が志埜ちゃんを風呂に入れ、10時くらいから惣吉を寝かせようとするも、寝室で運動遊びなどをはじめてなかなか寝ず、11時過ぎに絵本を読みながら一緒に寝てしまう、という生活パターンが続いている。

夕食後、僕がパソコンの前に座ろうもんなら、「そうきちくんもカツオみるー」とYoutubeでサザエさんやアンパンマン、ヤッターマンなどを見ようとする。惣吉は、ひとつ観終わると、トラックパッドでマウスアイコンを操作し、自分の見たいものを勝手にクリックするようになった。おかげで、サザエのことを「ねえさん」、波平のことを「とーさん」と呼ぶし、「ドキンちゃんはなんでわがままなのー?」と聞いてくるし、車に乗ると「ままよりこわいどくろべーさまきくー」などドロンボー関連の歌をリクエストしては一緒に歌うに至った。

サザエさんをカツオ目線で視聴するのは至極まっとうだと思うし、ドキンちゃんがわがままだという認識は自身の振る舞いを振り返るきっかけになってなってくれればと思う。「タイムボカン名曲の夕べ」を貸してくれた先輩には感謝している。何度聞いても抜群に楽しい。

とにかく、惣吉が起きている限り、パソコンでの作業はさせてくれない。しかもYoutubeを見はじめたと思って隣で本を読んだりすると、「おとおちゃんもいっしょにみてー」と視聴を強要される。一時期、惣吉にMacを占拠されるのでiPadを買おうと思ったが、結局やめた理由はそこにある。

そこに志埜ちゃんが加わった。彼女はだっこした状態でイスに座らせてくれない。すぐにフゴフゴ言いはじめる。抱いて常にウロウロしておかなけばならない。すると惣吉が「おとおちゃん、これよんでー!」と絵本を持ってくる。絵本を読むために座ると、やはり志埜ちゃんはフゴフゴ言うが、我慢させられることの多くなる惣吉をなるべく甘やかしてやりたいという気持ちがあって、あぐらを組んで左足に志埜、右足に惣吉という状態で絵本を読む。しばらくすると志埜ちゃんが糞尿をいたして中断する。

こんな感じで、体力的にはそこそこくたびれるけど、幸福感を覚えることの多い今日この頃です。
スポンサーサイト

2010年4月~7月の写真

Twitterでちょこちょこ吐き出してちゃってると、ブログにまとまった文章として何かをしたためようという気概が湧いてこない。

しかし今日は、Flickrに4月~7月の写真をアップしたので、見てみてもらえないかなと思ったわけです。
http://www.flickr.com/photos/mi_ai164/sets/72157624884451940/

惣吉はすくすくと育ち、種なしぶどうを食べるときに「タコがたねをとってくれたんだね」とわかったようなわからないような見解を示すなど知能の発達もみられ、なかなか楽しく日々を暮らさせていただいております。ありがたいことです。

今日の夜の様子

フリッカーに2010年1月〜3月頃の写真をUP。
http://www.flickr.com/photos/mi_ai164/sets/72157623860729796/

我らが惣吉も、あと2ヶ月ほどで3歳になる。人生4年目。「おとおちゃんのメガネがここにおちてたから、そうきちくんひろってあげたよぉ。かごにいれとかないとだめだよねぇ」などと起こされる朝もある。

今日の晩飯は、唐揚げを4つ食べた後にお菓子が食べたいとごね始め、「ご飯を全部食べてからね」と断っていると、惣吉も徐々にノッてきて本気で泣きしはじめた。本気で泣いているときの惣吉は、なかなかいい顔をする。ついつい見とれて微笑んでしまう。そして微笑まれたのが気に入らないのか余計に泣き、なぜか途中から「リンゴジュースがのみたいー!」となった。結局、僕が折れて、コップにリンゴジュースをついでやると、3回お代わりした。サーブしたものを食べなかった不満は残ったが、カロリーは足りてるだろうと考え、よしとした。

食後は、BShiの中曽根康弘のインタビューをチラ見しながら一緒にパズル。簡単なのから40ピースほどまでのもの4種類をこなし、最終的に日本地図パズルがしたいと言い始めた。面倒なのでパズルを発見できなかったというていでいこうかと思って、「ないなぁ、ないなぁ」なんて言ってるうちに、はやり不義はよくないと思い直し、パズルを発見してやった。

しかし、そんな僕の誠実さも、すぐに後悔に変わる。まず惣吉はパズルをひっくり返してピースをテーブルの上にぶちまけ、とりあえず得意な北海道をはめ込んだ。しばらくパズルの絵柄などに言及するなどした後に、トミカの装甲車で他の府県を蹴ちらしはじめた。難しすぎて嫌になったのだろう。「もうこれ難しいからお風呂行こうよ」と誘うと、「いやー! これぜんぶしてから!」とごねる。きっとそれが惣吉のプライド。結局僕が残りを全てはめた。

風呂に行く折には「おとおちゃんだっこー!」と求めるので仰せのとおりに。僕は、惣吉の「だっこー!」に対して、待たせることはあるが、断ることはない。嫌じゃないから。シャツの脱衣はまだ少し難しいが、下半身の脱衣はお手のもの。浴室に入った惣吉は、まず洗い場で放尿を済ませる。数カ月前から定着した習慣だ。浴槽内で風呂のお湯に尿を混ぜ込む危険性を未然に絶ち、われられの不安感や疑念を低減させるという意味で非常に賢い。

湯船に入り、惣吉を膝の上にのせて歯磨をしていると、呼吸が寝息のようになってきた。寝転がして体や髪を洗ってるやる。ほとんど寝てしまってるのに、歯磨きをしようとするときっちり拒絶するのに感心する。寝室まで運んでパジャマを着させるとすぐに寝てしまった。

非常にかわいいと言わざるを得ない。

_IGP9964(変換後)

そこでしちゃうんだ

最近の惣吉、フルチンでいることを気に入っているようで、今日も自らオムツを脱ぎ去り、フルチンで室内をウロウロしていた。オムツを履くようにうながしても、得意の「イヤ!」の一点張りなので、ええい儘よ、と放置していた。

僕が夕食の食器を洗い、妻が低俗番組を視聴しているさなか、「おとおちゃ~ん」と惣吉に呼ばれた。流しがリビングを向いているので、食器をすすぎながら「どうしたー?」と目を向けてみると、リビングの絨毯の上で、本を両足の間において座っていた惣吉が、チンチンをいじっている。どうかしたのかなぁ、と見守っていると、チョロチョロチョロチョロと、足の間に置いた本の上に尿を放出しはじめた。

隣で低俗番組を視聴していた妻が慌てて本の上から尿が溢れ出さないよう本を持った。おぉすごいなあ、どうなるんだろう、という気持ちで、惣吉が本の上に尿をためていく様子を4秒ほど見つめていた。妻に、「おっちゃん!おっちゃん!拭いて!早く!」と言われ、ようやく台所のふきんを手にとり駆けつけ、妻が本でうけた尿をふきんに吸い込ませた。妻の受け方が卓越していたため、絨毯の上にはじゃっかんたれた程度ですんだ。

惣吉には、なんでそこでおしっこをはじめてしまったのかよくわからいし、あっけにとられて叱るに叱れず、妻には、僕が傍観してふきんを持ってくるのが遅いから絨毯に染みたんだ、明日コインランドリーで洗ってこい、と言われ、僕も確かに、惣吉に対して叱れなかったことや、なんであそこまで見とれてしまったのか、反省するような気持ちもありつつ、今は、でもなんか面白かったしまあいいか、という気持ちでいる。

_IGP9242.jpg

アンパンマンの顔は、あんこが入っているのでおいしいです

梅の花がほころびはじめている。惣吉、2歳と7ヶ月。言葉の成長著しく、大変面白い。

_IGP9246.jpg


保育園からの帰りの車中、西の空に下弦の月を発見した妻が、惣吉に「細い月があるよ」と教えてあげたくだりを書き留めておきたい。

妻「惣吉くん見てー、今日のお月さま細いねえ」
惣吉「え~? おなかすいてるんじゃな~い?」
妻「おなかすいてるのかなぁ」
惣吉「おやさいがたべたいんじゃな~い?」

なぜ、惣吉のもっとも忌避する野菜を、痩せ細った月が食べたがってると思ったのかよくわからない。そして、未熟な語彙をかきあつめて、一所懸命妻に伝えたところによると、「痩せた月を惣吉くんの丸いソリに乗せておうちに連れていってあげようか」と考えたんだそうだ。

妻「お月さまを連れて帰ってどうするの?」
惣吉「おやしゃいあげるの」
妻「おやさいだけ?」
惣吉「おしゃいとぉ、ぱんとぉ、あとそうきちくんのほっぺ」
妻「惣吉くんのほっぺおいしいもんね。おかあちゃんもちょっと欲しいな」
惣吉「いいよぉ、はい」(自分のほっぺをちぎって妻に差し出す)
妻「もぐもぐ、そうきちくんのほっぺおいしいねえ。アンパンマンよりおいしいよ」
惣吉「アンパンマンもおいしいよぉ、あんこがはいってるからねー」

妻はさっそくこの話を“惣吉ニュース”として祖父母らに配信し、好感を得た。

あと、妻が、惣吉がいかに人望があるかという話も書き留めておいてほしいと言うので、そうしておこうと思う。

まず、保育園の送迎時に、クラスメイツの保護者と話をすることがある。そういった時に、「うちの子、家でよく惣吉くんの話をするんですよぉ」とよく言われる。しかし、僕が先日、「うちの子よく、“惣吉くんのマネ~”とか言ってるんですよ~」と言われたときには、「すんません」としか言いようがなかった。きっと惣吉のおかしげな動きか言葉を真似ているに違いない。

妻が目撃したところによると、園児数人とテーブルについていた惣吉が、迎えにきた妻に気がついてイスを立ち、「エッ エッ エッ エッ」とかん高い声で連呼しながら飛び跳ねる、という動きをすると、同席していた園児はもれなく腹を抱えて笑ったんだそうだ。いつもクールな雰囲気で、大爆笑してるところなんて見たことなかった園児まで涙を流して笑っていたため、妻は、「これが惣吉の人望の所以か」と思ったらしい。

ただ、親として心配してしまうのは、人がそんな単純でひょうきんそうな挙動によって簡単に笑うものだ、と合点したまま大人になり、スベっては痛がられる、例えばペナルティの脇田氏のような大人になってしまわないだろうか、ということだ。しかし、僕は親ばかなもんだから、惣吉には、年齢を重ねるにしたがって相応のユーモアを身につける知性が備わっているものと信じている。

_IGP9271.jpg




Appendix

プロフィール

みやいひろし

  • Author:みやいひろし
  • こんにちは。妻と惣吉(2007.6.26生)、志埜(2010.10.29生)と共に慎ましく暮らしております。

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。