Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダム/ナイスの森

金曜日は、ガンダムを見たことが無いという友人を家に招き、映画版3本立ての鑑賞会を行なった。

1本目は調子よく、各人が自分の気に入ったセリフを探しながら見ていたのだが、2本目もランバ・ラルを過ぎた辺りから、寄せる年波のせいだろうか、ガンダムの興味深さよりも眠気が勝ってきた。友人は翌日仕事だし、僕はゴルフだし、まだ今度にするか、という非常に大人の余裕に溢れた決断を下し、「めぐりあい宇宙」はお預けとした。

以下は、テレビ版も見てないし、原作コミックも読んでませんがという注釈つきで。

僕は3年ぶり3度目くらいだったと思うが、やはりガンダムはセリフが良いし、主人公がくよくよするのが本当にいいと、しみじみ思った。その意味で、僕は1本目が好きだろう。

以前に見たときは、「男だから」「女だから」といった理解でいろいろと乗り越えていってしまう様が、時代的なもんで仕方がないとは思いつつ少々気になった。しかし、この度は、そういった物事の解釈の形式がなければ踏ん張って前に進めないのは当然のこととして、もし現在において、同じ境遇が描かれるとしたらどうだろうか、ということを考えた。おそらく、恋人や家族のために、俺頑張るよ!といった文脈にでも落ち着くんだろう。

だが、アムロは、ザクを爆破させてコロニーに穴を開け、自分の父親を宇宙空間に放り出すし、地球で母親と再会してみても、意外なほどにあっさりとホワイトベース暮らしを選んでしまう。迷っても落ち込んでもくよくよしても、ニュータイプ男のアムロは、次のステージに突き進んでいかなければならない。

----------*

本日は、ガンダムついでに借りた「ナイスの森」を鑑賞。寺島進が相変わらず味わい深いし、池脇千鶴のはっちゃけぶりなど、良かった点を挙げようと思えば非常にたくさんある。しかし、特筆すべきは、西門えりかが抜群でした。かわいくてムチムチ。ムチムチでかわいい。

DVDを買おうかしらという気になり、とりあえずAmazonのカートに投入。しばらくして、どうしても欲しいようだったら買おうと思う。

このブログにはAmazonのリンクを入れる機能があるようなので使ってみようと思う。

ナイスの森 The First Contact 豪華版 ナイスの森 The First Contact 豪華版
浅野忠信 (2006/10/27)
レントラックジャパン

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

みやいひろし

  • Author:みやいひろし
  • こんにちは。妻と惣吉(2007.6.26生)、志埜(2010.10.29生)と共に慎ましく暮らしております。

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。