Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲刈り

先日、妻の実家で稲刈りの手伝いをさせてもらった際の写真をfrickerにアップしました。

2009-09-19 Inekari


小学生ぶりの稲刈りは、天気もちょうどいい曇りで、なかなか楽しかった。コンバインの運転もさせてもらったし。

2年前までは、稲刈機に苅って束ねる作業までをしてもらって、あとは人力で垂木に吊るして天日干しをしていたらしい。乾燥機を使うよりも、おいしい米ができるんだそうだが、体力的にきつすぎるということで、脱穀までをこなすコンバインと、大型の乾燥機を導入したらしい。

全てを手で刈り取ることを想像すると、コンバインは夢のようなマシンだった。苅って、脱穀して、藁を粉砕して吐き出す。苅り漏らした稲を踏みつぶすなど、機械文明というのは随分と荒っぽいものだなあと感じてしまうことも多々あるが、多少の減殺が生じたところで、彼の圧倒的な作業効率は小事としてしまう。

惣吉は、コンバインのことをいたく気に入っていた。遠くから見ているうちは、「かっこいいねえ」などと言ってやたらと乗りたがった。しかし、コンバインが自分の方に向かって近づいてくると、「んだっこ!、だっこー!」とかなり怖がった。そしていざ乗せてもらうと、どういう仕組みか全くわからないが、すぐに寝てしまった。

妻の祖母、つまり惣吉の曾祖母に、例年は夫婦で黙々とこなす稲刈りが今年は楽しくなったと喜んでもらえたのが良かった。来年の田植えも手伝いにくるように言われた。惣吉も泥まみれになって楽しいだろうに違いないので、是非とも行きたい。

土地改良の行われていない小さい田圃は、大きい機械が入らないので、確かに作業性が悪く、兼業で耕作をしている元気な人しか維持できないだろう。妻の祖父母の管理する田以外は、ほとんどが耕作を放棄してしまっているような地域もあった。あたりまえのことだが、寄せる年波に抗うことはできず、体が動かなければ放っておくしかない。請負耕作に出したところで、持ち出しがいるのだ。

水と土がよく、とてもおいしい米のできる地域だが、この風景も10年後には様変わりして、随分と寂しいものになってしまうんだろうと想像してしまわざるをえなかった。農政が健全化して、状況が改善さればいいがなあ、なんてことを普段よりも強めに思った。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

みやいひろし

  • Author:みやいひろし
  • こんにちは。妻と惣吉(2007.6.26生)、志埜(2010.10.29生)と共に慎ましく暮らしております。

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。