Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://miyai.blog7.fc2.com/tb.php/17-956675fd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

2-5 3日目の午後

旅行は3日目の午後。押し売られたツアーに参加中。いくつかのキノコ岩スポットに行って、皿を買いに連れて行かれた。

----------*

まずはデヴェレントという所に行って、ラクダに似ていると言われる形状の岩や、マリヤだと言われる岩を見た。マリヤだと言われた岩は、ただ細く残ってしまったようにしか見えなかった。あれが日本にあったら観音様とでも言われて、小銭や米が撒かれるんだろう。

《ラクダに似た岩》
11.jpg


そこをサクッと終えて、次はパシャパーというキリスト教の修道士が住んでいたと言われる谷へ行った。ガイドは一応車を降りて、軽く説明した後、「昨日他の4人は来たから」と言って、すぐ車へ帰った。ふざけていると思った。何でこんな所に修道士が住んでいたのか、聞いたきもするけど覚えていない。聞いた方も適当なもんだ。奥の方に行ったり、岩をくり抜いてあるところに登ったり、20分ほど散策して車に戻った。

《パシャパー1》
12.jpg


《パシャパー2》
13.jpg


《パシャパー3》
14.jpg


次は廃墟になった集落に連れて行かれた。小さい谷を利用して集落を作っていたみたいだった。小雨の降る中を谷の上まで登ると一気に視界が開けたので、ローズバレーという夕日で有名な所だったのかなぁとも思うが、よくわからない。

《廃墟の集落》
15.jpg


《集落の上》
16.jpg


次に、車はギョレメに帰り、ニュージーのおばちゃんと修了旅行生の3人を降ろした。「いい夢見ろよ」的なことを言い合って別れた。われわれはアヴァノスという焼き物で有名な町に連れて行かれる。店か何かに連れて行かれて、何か買わされるのが目に見えていたので、「行きたくないからオルタヒサルに連れていってくれ」と言ったが、出来ないと断られた。

車はアヴァノスの町の工房風の店の前で止まり、われわれは店の兄ちゃんに預けられた。

----------*

今日はどうも体調が良くないので、続きは明日書こう。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://miyai.blog7.fc2.com/tb.php/17-956675fd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

みやいひろし

  • Author:みやいひろし
  • こんにちは。妻と惣吉(2007.6.26生)、志埜(2010.10.29生)と共に慎ましく暮らしております。

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索