Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://miyai.blog7.fc2.com/tb.php/73-e16f6554
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

富士山

9月10日~11日、この辺りで一番の吹き出物に登ってきた。高いところが大好きなので、大変結構でございました。便乗させてくれた友人たちに感謝。

金の話をすると、なんだかんだで10万円ほど要ったが、6万円以上を費やした設備投資は今後の使い込みによって費用の分散が期待できるし、正味5万円くらいのレジャーだったと思う。その大半が交通費で、行きに青春18切符を使ったものの帰りは新幹線、そして最寄りの駅から登山口までのタクシー代がかさみ、総額で2万2千円ほどを要した。富士山は入山料なんてものは無いわけだから、近所の人は気が向いたときにサクッと登れる。

時期的なことを言えば、富士は8月末で閉山ということになっているので、9月中旬は人が多過ぎず少なすぎず(それでも同日に数百人は登っていたと思われるが)、まだまだ暖かく、とても良かった。

7合目の大陽館という山小屋から見た朝日というか、明け方の風景が言語に尽くせぬ綺麗さで、涙腺を緩ませようと思えばいくらでも緩ませることができるほどだった。この日は雲が低く、余計に高く感じられた。

《7合目からの明け方の風景 河口湖が見える》

《歯磨きをして口をゆすぐ友人の向こうに雲に埋もれた箱根の山が見える》

《高いのでとにかく見晴らしが良いが、山に背を向けて登ることはできない》

疲れることは疲れたし、大変といえば大変だったが、どちらかというと楽しさが勝った。体力的に一番劣っていると思われた僕が、意外と一番元気に下山できた理由は、1ヶ月ほど前から走るなどしいたということや、体重が軽く筋肉も少ないせいでエネルギー効率が良かったということなどが考えられるけれど、一番はやはり靴が良かったんだろうと思う。歩きやすく疲れにくかったし、ハイカットのおかげで下りには4回ほど捻挫の危機を逃れられた。砂利道をザクザク歩いても靴の中に砂が入ることがなかった。僕は、体力自慢の友人が、帰りにはグダグダのガクガクになってしまったのは、ニューバランスのペラペラのスニーカーだったからに違いないと信じ込んでいる。
https://www2.montbell.com/japanese/asp/products/Spg_shosai.asp?cat=2901&hinban=1129196

2番目の良かったアイテムはストックで、急勾配でジャリジャリの砂走りの下りをアトラクション感覚で降りることができた。はやり、体重を支えたりバランスを取ったりするのに、足だけでなく手も使えるということの効用は大きい。「要らん」と言う僕に妻が2本も買い与えてくれたので感謝。

レポート風にしだすと長くなりすぎるので止すけど、また行きたいと思う場所だった。ほんとまた行きたい。とにかく高くて見晴らしが良い。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://miyai.blog7.fc2.com/tb.php/73-e16f6554
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

みやいひろし

  • Author:みやいひろし
  • こんにちは。妻と惣吉(2007.6.26生)、志埜(2010.10.29生)と共に慎ましく暮らしております。

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。