Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://miyai.blog7.fc2.com/tb.php/81-55dc80f3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

10月末~11月中旬のこと (3) --ベトナムから帰って体調を崩す

11月のことについて書いている。

11月2日にベトナムから帰ると、まず腹をこわした。下痢をして、次に嘔吐をして、飯が食えなくなった。すると熱が出てきて、測ってみたら38.6度を記録した。ともあれ寝て、朝、目覚めて測り直してみると、37度の中盤といったところだった。

とりあえず仕事に出てみたが、やはりベトナムでもらってきた体調不良だし、前日に姉の赤子を抱いてしまった為に、姉が「空来ちゃんがSARS染されてたらどうしよう!」などと心配してるし、確かに変な病気持ったままウロウロするのも公序良俗に反するだろうと思い、念のために病院に行って検査をしてもらうことにした。町医者の利用を誘導するために、総合病院が高い初診料を取るのは知っていたが、血液検査などをサクッとやってもらいたかったので、近くの総合病院に行った。

総合病院なんて本当に久しぶりで、ご多分に漏れず老人まみれだったが、オフィス・オートメーション地獄がコンピュータの導入と共に加速的に進んでいるようで、事務処理等が早い分、待ち時間が少なくなっているように思われた。

カルテは紙に書くのではなく、PCを使って入力するような格好になっていて、先生は問診や診療をしながら、カチャカチャと打ち込んでいくわけだが、横分けメガネの50前と思しき先生は、キーボードを叩くのが非常に遅い。なにせ右手の人差指と左手の人差指との計2本を駆使して叩くものだから、もどかしいったらない。と同時に、この先生大丈夫なのかなぁと不安にさえなってきた。

血液検査の結果、ウィルス性の何かではないことが判明した。それはそれで一安心だったのだが、先生は僕に聴診器を当てる中で、僕が喘息になっていることを発見した。発見したというか、「ちょっとゼェゼェゆうし喘息気味かなぁ」なんて自分でも思っていたし、それくらいは体調を崩したりホコリにまみれたりした際に日常的に起こる症状だった。

「お。小さい頃に喘息した?」 「はい」 「喘息になってるねぇ」と言う先生に、僕がリップサービス的に、「小児喘息になったことがあるんですけど、そんなのわかるんですか?」と聞くと、先生は鬼の首を取ったような口調で「そりゃぁわかるよ」と言った。「咳と喘息とはまた違うんですか?」と聞くと、「咳と喘息は音が全然違って、聞けばわかるんだよ」と満足そうに答えた。そしてまた2本の人差指を駆使して、「喘息」と打ち込んだ。

かくして僕は、「胃腸を壊した喘息持ち」ということになり、喘息の薬と胃腸の薬をなんだかんだで4種類、1週間分も処方された。その処方も、マウスでコチコチっとやると、カルテに記入した症状に合わせた薬の選択肢が出てきて、「これと、これと、これも出しとこうかな」とか言いながらコチコチっとやるわけだ。その便利そうさと言ったら、僕でもできそうな気になってくる。

-処方された薬-
(1) 気管支を拡げる薬
(2) 痰の切れを良くする薬
(3) 腸の調子を整える薬(ビオフェルミン)
(4) 細菌による感染症の治療に用いる抗生物質

診療費も含め、お値段締めて6,265円。僕は国保だから3割負担。つまり21,000円ほどの医療費がかかったことになる。出しすぎだよ、薬を。軽い喘息なんて日常茶飯事だから別にどっちでもいいし、細菌の感染症云々はもう下痢が治まっているわけだから必要がない。しかも1週間分て。もう僕の症状が治まる傾向にあるのは問診でわかっていたはずなわけで、無駄処方も激しい。

かといって、この程度の額が必要となる診療を、年に1度受けていたくらいでは到底もとは取れない。しかし、全体の医療費はまだまだ足りておらず、患者の負担の割合を引き上げるらしい。負担割合の引き上げは受益者負担が明確になるのでOKだが、同時に保険料金を引き下げたり無駄遣いを減らしたりもして欲しいもんだ。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://miyai.blog7.fc2.com/tb.php/81-55dc80f3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

みやいひろし

  • Author:みやいひろし
  • こんにちは。妻と惣吉(2007.6.26生)、志埜(2010.10.29生)と共に慎ましく暮らしております。

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索